スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摘まれた花

Twitterに8/7(華の日)に投稿したらくがきをこちらにも。(若干、加筆。)
ガルパンのTSF絵でも華さんの絵は見たことなかったので描いてみました。
ISのセシリア描いたときもそうでしたが、やはり、お嬢様が身体乗っ取られて下品な表情、格好するのはイイ…

TS絵15-1


======================================
戦車道の放課後練習を終え、帰る支度をしている最中、華は背筋からひやりと冷たさ感じた。
そして、一瞬意識失い、倒れかけた。
倒れそうになった体勢を戻し、顔を上げた華の表情はいつもの華のものではなかった。
劣情に塗りつぶされたその表情は、女を値踏みする下品なオヤジのようである。
さらにガニ股になって、自らの胸を、その大きさや柔らかさを味わうようにいやらしく揉みはじめた。
普段の凛とした立ち振る舞いは考えられない姿だ。

沙織「華~、どこ~?もう帰るよ~」 

華(?)「沙織さん、今行きます」 

服を整え、姿勢を直し、落ち着いた表情をした普段と同じ様子に戻り、歩き出す華。

(ふふふ、帰ったら思う存分この身体を堪能してやるか…こいつの友人とレズるのも悪くないな代わるがわる身体を乗り換えながらってのもアリだな…ヒヒヒ)

しかし、その口元にはその姿に不釣り合いな笑みを浮かべたままであった。

スポンサーサイト

アイドル声優憑依

TSF風味に仕上げた写真トレス絵に、思いついたそれっぽい小話を付けてみました。
===============================

ここは今日、人気のアイドル声優 xxx がイベントしている会場の裏。
俺はわざわざイベントの終わりを観ずにこんな暗がりに来ている。

それには訳がある。
だが、「xxx に興味がない」だとか、「好きではないイベントに付き合いで来た」とか、そんな理由ではない。
むしろ、俺は xxx の大ファンだ。今日のイベントだって最後まで楽しみたかった。
よほどの理由がなければイベントの途中で抜け出したりはしない。

そう、今回はよほどの理由があったのだ。

ガチャとドアが開く。
「待たせたな」

振り返るとそこには xxx が立っていた。
「まさか、本当に!?」

「ああ、憑依してきてやったぜ
ステージを終えた直後の xxx に憑依して、ここにくるのは大変だったけどな
怪しまれないかひやひやしたぜ、へへへ」

彼女は普段であればしないであろう歪んだ笑みを浮かべながら答える。
いや、その表情を浮かべたのも、声を発したのも、彼女自身ではなく、人気のアイドル声優 xxx に憑依した俺の悪友である。

「本当に憑依できたんだな・・・今でも信じられん・・・」
なぜか、そこに立っているのが xxx ではなく、悪友のあいつだとわかった。
それでもこの事態に俺は驚くばかりだ。

「そうは言っても、どっかで信じてたからここで待ってたんだろ?
ほら、いつまでも驚いてないで、xxxの女体観察といこうぜ・・・と」

そう言いながら、服を脱ぎ、
そして、xxx のおっぱい曝け出した。

アイドル声優憑依
「ふほ!・・・ふひひ、見ろよぉ
やっぱり、xxx のおっぱいでけぇわ」


xxxがブラジャーを引っ張り、自分のおっぱいを俺に見せつけてくるという異常な光景、

「ふひひ、好物の牛丼も全部このデカパイにいってるんじゃね?
・・・ぁあん!…おぉ、柔らけぇ…」

xxxが言わない下品なことを、xxxが嬉々として話している
(それも自分のおっぱいを揉みしだきながらである) と異常な光景

次々に見せつけられる異常な光景に俺はすっかり興奮してしまっていた。

しかし、それも別の声にかき消されてしまう

「xxx ~!どこ~? 早く着替えないと打ち上げ始まっちゃうよ~」

xxxとユニットを組んでいる。。。の声だ。
今、ここに来られては非常にマズイ。
身体に戻るだけのあいつはともかく、俺とxxxはそうはいかない。
意識の戻ったxxxは俺に襲われたと思い、叫びだすに違いない。
そんなことになれば俺の人生は終了だ。

「と、さすがにステージ終了直後は無理があったか
一旦、身体返してくるわ
xxxが帰る時にまた憑依すっから、それまで待ってて」

焦る俺を尻目に、そう言いながらぐしゃぐしゃと急ぎ服を着なおすxxx

「あ、ああ、わかった あとは頼んだ」
急な事態に言われるがまま。そう返すのが精いっぱいだった。

「へへへ、夜を楽しみにしてろよ」
不敵な笑みを浮かべ、会場へと戻っていくxxx。


俺は夜に思いはせながら、去っていくxxxの背中を見送った。

寄生生物に身体を乗っ取られ・・・

寄生もの

他の生物に寄生し、繁殖を行う生物に身体を乗っ取られてしまった女の子。

「あ・・・ぁ・・・」 

寄生生物に全てを奪われた彼女から
いつしか知性は失われ、言葉にならない声を発するのみとなった。
その瞳は紅色に変わり、
表情も理性を感じられないものへと変貌していた。

そして、今日も寄生生物の本能の赴くままにその豊満な肉体で、
獲物を貪り、そして、新たな仲間<眷属>を増やしてゆくのである。




____________________
というようなフレーバーテキスト的なものを後付けで思いついた為、
Twitterに上げていた絵をこちらにも投稿。

らくがき。リメイク


らくがき。リメイク

http://senpentsf.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
のリメイクです。
前に憑依されてしまった女の子がまたもや憑依されてしまい…。

というようなシチュエーションです。

らくがきとか

お久しぶりです。
ふと思い立って憑依ものっぽいらくがきを2本うpです。

TSものらくがき1
その1
iPhoneでらくがきしたもの。
特に意識したわけではないのに、なんとなく西住殿っぽい誰かになりました。

TSものらくがき2
その2
表情以外はほぼカス子(3Dカスタム少女のCGモデル)をトレスしたらくがき。
トレスしながら少しずつ全身描くの慣れたらいいなぁなんて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。