スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    二次創作の陣2の構え

    TSFらくがきその2
    (クリックで拡大)

    戦○大戦(検索避けで○入り表記)のTSF絵第二弾。今回はレアリティBSSの方の上杉謙信、いわゆる謙信ちゃんで行きました。以下小話らしきもの。

    「オラッ!オラッ!・・・はぁ、はぁ、どうだ?自分自身の体に犯されてる気分は」
    普段の麗しい振る舞いとは正反対の荒くれ者のような振る舞いをする謙信。名も無き足軽を押さえつけ強姦していた。
    「くっ、早く体をどけろ!私を元に戻すのだ!」
    押し倒され、されるがままに犯され続けている足軽が苦しみながら言った。
    「断る!んっ・・・はぁっ・・・」
    体を再び落としながら謙信がその言葉を拒んだ。
    「何!主君の命を聴けぬと申すか!!」
    足軽が激昂し、謙信の体をどけようと暴れ始めた。
    「そう暴れるなよっと。フハハ、大の男も負かす力を今は俺が持っているのだ。俺が上杉謙信でおまえはただの名も無き足軽風情よ」
    そう、端から見れば主君である上杉謙信が足軽を強姦しているようにしか見えないのだ。
    「軍神と呼ばれる程の力にこの美貌、加えて名器であるこの体を手放すものかよ。今日から俺が女龍上杉謙信だ。おまえはその体で生まれ変わった女龍が快楽を喰らい尽くすところを見ておれ」



    ということで、今回はダークな入れ替わりものでした。って、私が今まで出してきた作品の中でダークな方向以外の入れ替わりものってそもそもありませんでしたねw
    スポンサーサイト

    Tag : 二次創作の陣

    今更ながら

    今更ながらですが、私、過去のコメント返しで別名義のコーデンで書いていたことに気付きましたw こちらとは別に作品公開しているのは以前にこっそり書きましたが、それよりも以前にこんなミスをしていたとは・・・これは不審に思われた方も当然いらっしゃるでしょうねぇ・・・気をつけなくては・・・。

    それはそれとして、コメントに触発されてまたらくがきレベルではありますが、描き描きし始めましたので出来次第うpします~。

    二次創作の陣

    TSFらくがきその1
    (クリックで拡大)

    アーケードカードゲームの戦〇大戦より雑賀衆の蛍さん。蛍さんエロすぎです。悪ガキの霊とかに取り憑かれて悪戯されますねこれは。

    「すげー!これが大人の女の体かー」
    とかそんな感じで。
    蛍との精神同居で
    「こら!早く出て行きなさい!」
    「嫌だ。俺は愉しませてもらうぜ!」
    とかいうやりとりも良いかもしれません。

    大戦シリーズのキャラは描くのが大変ですが、欲望優先!出来を顧みずにこのくらいの簡略さと荒さで気負わず描いていこうかなぁと。

    ・・・そんなわけで、二次創作のTSF絵(といってもらくがきですが)初うpしてみました。TSF好きではない元の作品のファンの方からのお叱りを受けないよう二次創作のTSF絵は基本的にpixivにはうpせずこちらでのうpのみにしようと思います。あくまでTSF好きの間でひっそり楽しみましょうよという精神。ボカロとかけいおんとか東方とかpixivでの投稿作品数が膨大で私がうpしてもすぐに埋もれてしまうようなジャンルなら目立たないので問題ないのですがね; 
    作品名、キャラ名タグを入れないでTSF関係タグで固定してしまうとかpixivでもやりようはあるかもしれませんが、とりあえずは様子見で。

    Tag : 二次創作の陣

    他者変身譚学園アイドル編

    他者変身譚学園アイドル編線画

    - 「外見は少女、中身は男、加えて男しかしない格好をさせるという加速度的ギャップを味わうシチュエーションとして『体のみ入れ替え』以外に何があるか?」 「・・・・・」 「そう、他者変身だ」 「「「 ! ? 」」」 -

    久々の更新でございます。久々過ぎてなんと言いますか、何という。全く何という。上手く頭の中に降りてくるものがあり、かつ筆も乗ったので線画のみではありますが描いてみました。色は機会が巡ってくればということで(汗
    体のみ入れ替えというのも心・体・衣装全てのちぐはぐ感とダークなシチュでグッとくるものがありますが、他者変身でちぐはぐ感と本人の知らないところで愉しまれているというダークさを楽しむというのも良いと思うのですよ。

    ※追記で差分&少々のテキスト

    続きを読む »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。